はじめに

Laravel で Cookie を利用(参照/設定/削除)する方法についてまとめた。

TL;DR

  • 参照: Cookie::get('key')
  • 設定: Cookie::queue('key', 'value', 'minutes')
  • 削除: Cookie::queue(Cookie::forget('key'))

目次

  1. はじめに
  2. TL;DR
  3. 環境・条件
  4. 詳細
    1. 参照
    2. 設定
    3. 削除
  5. まとめ
  6. 参考文献

環境・条件

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
$ grep -i pretty /etc/os-release
PRETTY_NAME="Ubuntu 16.04.3 LTS"

$ php -v
PHP 7.2.22-1+ubuntu16.04.1+deb.sury.org+1 (cli) (built: Sep 2 2019 12:54:12) ( NTS )

$ composer -V
Composer version 1.9.0 2019-08-02 20:55:32

$ composer info laravel/framework
name : laravel/framework
versions : * v5.7.28

詳細

Illuminate/Support/Facades/Cookie を使うとよい

公式: クッキー - HTTPリクエスト 5.7 Laravel

参照

Cookie::get で取得、$request->cookie('key') でも可。

1
$cookie = Cookie::get('key');

設定

Cookie::queue で設定。

1
2
// 10分間だけ有効
Cookie::queue('key', 'value', 10)

実際に保存されている Cookie を DevTools などで確認しても、以下のように暗号化されている。

1
eyJpdiI6Ijh4M... // 長いので省略

なお、時間(第3引数)を指定しない場合の有効期限は「セッション」になる。

削除

Cookie::queueCookie::forget を指定すると、Cookie を削除できる。

1
Cookie::queue(Cookie::forget('key'))

まとめ

  • 参照: Cookie::get('key')
  • 設定: Cookie::queue('key', 'value', 'minutes')
  • 削除: Cookie::queue(Cookie::forget('key'))

参考文献

関連記事